短縮QRコードとは、QRコードを作る際の元となるURLに短縮URLを採用しているQRコードのことです。

QRコードは元となる文字列(多くの場合URL)が長いほど、模様が細かくなっていきます。模様が細かくなると紙面に小さく印刷でき無くなってしまったり、小さくできても非常に読み取りづらくなってしまいます。

短縮URLを採用すると、元となる文字列が短いので、模様が細かくならず扱いやすいので、短縮QRコードが登場しました。

また、短縮URLを挟んでいるので、後からリンク先を変更することもできるようになります。