QRoutonでは、まずブランドというグループのような組織を作り、ユーザーはそのメンバーとなります。

そうすることでQRコードや短縮URL(QRoutonではセットでリンクと呼称)の作成・管理を行うことができます。

利用料の請求もブランド単位で行われます。