「QRコード(読み方はキューアールコード)」は、1994年当時、自動車部品メーカーであった株式会社デンソーの開発部門(現在は分社化して株式会社デンソーウェーブ)が発明したマトリックス型二次元コードです。

「QRコード」の「QR」は「Quick Response(クイック・レスポンス)」に由来し、意味は「Quick=素早い」「Response=反応」、素早い読み取りを可能にした二次元コード。

注意したいのは「Quick Responseコード」を略して「QRコード」ではなく、この規格の正式名称は「QRコード」であるということ。

QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

スマートフォンが普及し、リアルからWebへのショートカットとして幅広く使われています。文字入力・音声入力で検索をする手間が省けますし、みてもらいたいページに直接誘導することができます。