QRoutonでは標準でアクセス解析機能が付いています。「QRコードが何回読み取られたか」「短縮URLが何回押下されたか」「合計」を日別で集計したデータを取得できます。「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」(以下GA)を併用することで、より詳しいアクセス解析ができるようになります。

Googleアナリティクスを利用するには、アカウントを作成し、対象となるウェブサイトに専用タグを埋め込む必要があります。

遷移先URLにGAのパラメータを付与する

utm_source 必須 プロパティにトラフィックを誘導した広告主、サイト、出版物、その他を識別します。
新聞に広告を出したとしたらutm_source=newspaper、
雑誌に広告を出したらutm_source=magazineなど。
utm_medium 必須 広告メディアやマーケティング メディアを識別します。
QRコードの場合はutm_medium=qrやutm_medium=qrcodeとしてるのをよく見かけます。
utm_campaign 必須 商品のキャンペーン名、テーマ、プロモーション コードなどを指定します。
utm_term 省略可 有料検索向けキーワードを特定します。検索広告キャンペーンにタグを設定する場合は、utm_term を使用してキーワードを指定することができます。
utm_content 省略可 似通ったコンテンツや同じ広告内のリンクを区別するために使用します。たとえば、メールのメッセージに行動を促すフレーズのリンクが 2 つある場合は、utm_content を使用して別々の値を設定し、どちらが効果的か判断できます。
utm_id 省略可

参考:カスタム URL でキャンペーン データを収集する

ツールを使ってURLを作成する

Google Analytics キャンペーンURLビルダーを利用するのが良いでしょう。こちらのツールは公式のGoogle Analyticsヘルプで紹介されているものになります。

利用されている集計タイプによってUAとGA4を、デバイスによってWebとAndroidとiOSを切り替える必要があります。

GAパラメータとGoogle Analytics キャンペーンURLビルダー項目の対応表

GA URLビルダー 説明
Website URL https://qrouton.jp など、アクセス解析したい対象のURLを指定
utm_id campaign ID
utm_source campaign source
utm_medium campaign medium
utm_campaign campaign name
utm_term campaign term
utm_content campaign content